WORK & PEOPLE|02

コープこうべの仕事
宅配サービスと組合員を
つなぐ架け橋として。

山本 彩加 YAMAMOTO SAYAKA

PROFILE

山本 彩加YAMAMOTO SAYAKA

協同購入センター姫路 なかまづくり担当
文学部 文化歴史学科卒業/2015年入所

宅配サービスの利便性をたくさんの人に伝えたい。

宅配サービスの利便性を
たくさんの人に伝えたい。

現在の仕事内容とやりがいは?

コープこうべの宅配をご案内して宅配利用者数の増加を目指す、なかまづくり担当をしています。具体的には、地域担当が配達中にアポイントを取った人や、資料請求をされた方に宅配のシステムや商品の説明をして、加入受け付けをします。宅配というと、子育て世代や高齢者など、自力で買い物に行くのが難しい人だけが利用するのかと思いがちですが、コープこうべの宅配はとても豊富な商品を扱っているため、普段店舗で買い物をする組合員も楽しく便利に利用することができます。宅配サービスと組合員をつなぐ架け橋として、さまざまなニーズに応えられることが、今は一番のやりがいです。

毎日、組合員と出会う地域担当の仕事で地域に貢献したい。

毎日、組合員と出会う
地域担当の仕事で地域に貢献したい。

コープこうべを選んだ理由は?

私は生まれも育ちも兵庫県。地元が大好きで、地域に貢献できる仕事がしたいと思っていました。また、コープこうべは実家が個配を利用していて、なくてはならない存在でした。そんな身近なコープこうべで地域に恩返しができれば…と思い、就職先に決めました。就職活動の自己分析では、話しやすく、誠実なところが私の長所だと考えていたので、毎週配達にお伺いし、信頼を積み重ねて商品をおすすめする地域担当の仕事がマッチすると思ったことも、入所の決め手です。

多くの組合員とともに、社会を変えることだってできるはず。

多くの組合員とともに、
社会を変えることだってできるはず。

コープこうべでチャレンジしたいことは?

生協の理念は、社会の課題を解決すること。それが一般的な会社とは違うところです。多くの組合員で構成されているコープこうべだからこそ、組合員とともに社会を変えることができると思います。今、コープこうべでは、「エシカル消費」の取り組みを広めています。エシカルとは「倫理的な」という意味で、フェアトレード商品や地元の生産物を使った商品の購入など、地域や社会、環境などに配慮して、モノやサービスを買うことです。そんなエシカル消費が浸透すれば、生産地の支援にもつながりますし、組合員の生活をより豊かに、また子どもたちの未来を守ることにつながるはずだと考えています。

MESSAGE学生の皆さんに伝えたいこと

MESSAGE 学生の皆さんに伝えたいこと

学生時代は文化系サークルに所属し、運転は苦手。地域担当の仕事は好きでも、本当にできるのか不安はありました。やはり、運転研修はすぐ合格できず、同期が一人で配達をこなす中、悔しい思いをしたことも…。それでも、毎日反省点や改善点をノートに書いたり、トラックの教習内容を何度も復習したりして、運転研修に合格。地域担当になってからも、組合員一人ひとりの名前や好みを覚えました。そんな努力が実を結び、年末商戦では目標を上回る成果に。どれだけ苦手なことでも、自分がそれに見合った努力をすれば克服できます。あきらめずにチャレンジを続けられる人なら、地域担当として、コープこうべの職員として活躍できるはずです。

OFF SHOTオフの過ごし方

OFF SHOT オフの過ごし方

休日に職場の上司や先輩、後輩と飲みに行ったり、職場の同僚が通うキックボクシング教室に上司や同僚たちと行くことも。職員同士の仲が良いので、プライベートでも遊びに行きます。また、友人たちともよく出掛けますが、他の業界ではどんな環境で仕事をしているのか教えてもらうことで、自分の仕事や職場環境を見直すいい機会になっています。一人でいる時は習い事に行ったり、ジムに通ったり、料理を作ったり…と休日は充実していて、仕事を忘れてリフレッシュしています。