ABOUT US

コープこうべの歴史とこれから
100年の歴史
挑む次の100年

ACHIEVEMENT

これまでの100年

安全・安心への挑戦

時代に先駆け、安全安心な商品づくりを追求

  • 1923

    醸造工場を設立し、
    自分たちの手でしょうゆの醸造を開始

  • 1923年 醸造工場を設立し、自分たちの手でしょうゆの醸造を開始
  • 1959

    メーカー主導の時代に組合員の声を積極的に代弁した商品として、コープ商品第一号「みかん缶」誕生。

  • 1959年 メーカー主導の時代に組合員の声を積極的に代弁した商品として、コープ商品第一号「みかん缶」誕生。
  • 1959

    メーカー主導の時代に組合員の声を積極的に代弁した商品として、
    コープ商品第一号「みかん缶」誕生。

  • 1967

    全国の生協に先駆けて独自の商品検査室を開設

  • 1967年 全国の生協に先駆けて独自の商品検査室を開設
  • 1978

    全国で初めて臭素酸カリウム
    (パン生地改良剤)抜きの食パンを開発

  • 1978年 全国で初めて臭素酸カリウム(パン生地改良剤)抜きの食パンを開発
  • 1978

    全国で初めて臭素酸カリウム(パン生地改良剤)抜きの食パンを開発

  • 1991

    人と自然にやさしい食べ物づくりをコンセプトにした「フードプラン」商品の供給開始

  • 2001

    オリジナル商品ブランド「Coop’s」デビュー

  • 2001年 オリジナル商品ブランド「Coop’s」デビュー
  • 2001

    オリジナル商品ブランド「Coop’s」デビュー

食の安全・安心は、みんなの願い。コープこうべは、時代に先駆け、安全安心な商品づくりを追求。オリジナル商品の開発・改善、産地や原料の調査・点検、自らの手で検査できる商品検査センターを独自で持ち、その検査を通すことで確かな品質を守っています。

社会課題への挑戦

変化し続ける地域のくらしを見据えた事業活動

  • 1991

    組合員の生涯学習や職員の研修のための
    協同学苑を開設

  • 1991年 組合員の生涯学習や職員の研修のための協同学苑を開設
  • 2001

    資源循環型農園「エコファーム」オープン。
    限りある資源を有効活用して野菜を育てる
    システムを構築

  • 2001年 資源循環型農園「エコファーム」オープン。限りある資源を有効活用して野菜を育てるシステムを構築
  • 2001

    資源循環型農園「エコファーム」オープン。
    限りある資源を有効活用して野菜を育てるシステムを構築

  • 2014

    子育て支援事業(学童保育)「Terakoya」東灘校開校

  • 2016

    サービス付き高齢者向け住宅
    「コープは~とらんどハイム本山」がオープン

  • 2017

    「コープでんき」がスタート。
    コンセントの向こう側を考えた電気を供給

  • 2017年 「コープでんき」がスタート。コンセントの向こう側を考えた電気を供給

地域のくらしを今よりも、もっと良いものにするために。コープこうべにはくらしに関する多種多様な事業が誕生してきました。そのすべては「地域と地域に暮らす組合員のために」という想いが常に根底にあります。これからも、社会の変化に目を向け、地域から信頼され、頼りにされる組織をめざします。

FUTURE

これからの100年

これからもコープこうべは
地域の組合員のくらしを支える挑戦を続けます

「ターゲット2030」づくり

2030年のコープこうべのありたい姿を描いたビジョン

coop next 100

  • 100周年を機に発信すべく
    組合員と役職員が一緒になって
    策定を進めています。

    これまで9000人を超える人がこのワークショップに参加。
    2030年の「ありたいくらし・地域」、そしてその実現に向けた「コープこうべの役割」について話し合いました。

  • 100周年を機に発信すべく組合員と役職員が一緒になって策定を進めています。