お知らせ

お知らせ

メニュー

2020年4月 1日

コープこうべグループ合同入所・入社式を行いました

4月1日、コープこうべグループの合同入所・入社式が行われ、新入職員・社員61人が、社会人としての第一歩を踏み出しました。

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2部制とし、短時間での式に。簡素ながらも61人の門出を祝いました。

20200401news (1).jpg

第1部...コープこうべ総合職員・43人

20200401news (2).jpg

第2部...コープこうべ専門職員とグループ会社社員・18人

記念撮影ではシャッターを押す間だけマスクを外して。笑顔がはじけました。

写真3.jpg

間隔を空けて着席。

写真4.jpg

木田克也組合長理事から歓迎のあいさつ。「コープこうべの定款には、組合員のくらしを支えるだけでなく、公共の福祉を増進し、豊かな地域社会づくりに貢献するということが明記されています。そのことを誇りに思い、そのために力を注いでいただきたい」と述べました。

また、創立100周年となる来年、そして次の100年に向けた目標として「これまで親しみを込めて呼ばれてきた『コープさん』に、3文字プラスして『さすがコープさん』と呼ばれるよう、取り組みを進めていきましょう。ぜひその中心を担っていってください」と期待を込めて呼び掛けました。

写真5.jpg

激励に応え、第1部ではコープこうべ総合職員を代表して、西臺祐太(にしだい ゆうた)が決意表明。

「時代と共に人が担う役割は変わりつつありますが、約100年もの間コープこうべを支えてきた『人を大切にする』という考え方は、これからも必要だと思います。令和最初の新入職員として、歴史を大切にしつつ、新しい風を吹かせたいと思います」と述べました。

写真6.jpg

第2部では、グループ会社のコープ住宅(株)、西村佳恵(にしむら かえ)が決意表明。

「新型コロナウイルスの感染拡大など不安な事案が起きていますが、こんなときだからこそ、地域の方から期待され、信頼されるコープ住宅でありたいと思います」と述べました。

ページの先頭へ