お知らせ

メニュー

2019.10.28

訴訟の提起に関するお知らせ

生活協同組合コープこうべは、10月28日(月)、国に対し「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録が認められなかったことに伴い、被った損害の賠償を求める訴訟を神戸地方裁判所に提起しましたのでお知らせいたします。

(この間の経緯)
10月1日から、消費税率引上げに伴う需要平準化と事業者・消費者双方のキャッシュレス化の推進を目的とした国の「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まっています。コープこうべは、当該事業の実施要領等に記載のある登録対象基準を満たしていることを確認し、オリジナル電子マネー『コピカ』を使用した決済手段について、組合員のみなさまにポイント還元ができるよう5月から一連の登録申請手続きを行うとともに、カードの増刷や広報媒体の作成、レジシステムの改修などの準備も進めてまいりました。
事業開始直前の9月27日に経済産業省から「本事業の目的・趣旨に適切でない」という判断から不認可の連絡を受け、30日に通知文書を受け取りました。その結果、当該事業ができなくなり、準備してきた物品等も使用できなくなりました。

(提訴の目的)
当生協は、国のキャッシュレス化推進に賛同し増税後の組合員のくらしを守るために、当該事業の実施要領等にある登録対象基準を満たしていることを確認のうえ、登録申請を行いました。ところが、開始直前になって不認可の通知を受け、その根拠について説明を求めましたが、明らかにされませんでした。
還元を受けられずに不利益を被るのは組合員であり、また、当該事業開始に向けた準備に関する支出は組合員の財産です。今回の決定には納得できないという組合員の主張を届ける必要があると考え、提訴を決めました。

組合員のみなさまには、ご心配をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2019年10月28日
生活協同組合コープこうべ

ページの先頭へ