お知らせ

メニュー

2015.07.14

「第3回未来神戸会議」参加者募集

コープこうべでは、市民の方々と共に職員が神戸の未来を考える「未来共創プロジェクト」を行っています。この取り組みの一環として、6月から8月にかけ、全3回で“地域と共につくる事業”をテーマに、職員が市民の方々と共に神戸の未来を考える「未来神戸会議」を開催しています。

第3回となる2015年8月3日(月)は、富士ゼロックス株式会社コミュニケーション技術研究所で共創につながるコミュニケーシンプロセスの開発に携わる高橋正道さんに、企業が地域と共に進める地域づくりのお話を伺います。

また後半は、参加者の皆さんで「地域と共につくる事業」をテーマとした対話の場を設けます。

DSCN1104.JPG 

DSCN1227.JPG 

第3回未来神戸会議について

(1)とき:8月3日(月)18時半~21時

(2)ところ:コープこうべ 住吉事務所 7階 大会議室

(3)参加費:無料

(4)内容:第1部 18時半~19時35分「トークセッション」

ゲスト:富士ゼロックス株式会社 高橋正道(たかはしまさみち)さん

第2部 19時45分~21時「来場者参加型のダイアログセッション」

ファシリテーター:NPOミラツク 西村勇哉(にしむらゆうや)さん

(5)対象者:100名 (一般参加70人・コープこうべ職員30人を予定)

≪申込み≫

https://www.coop-kobe.net/member/shop/secure/dialogbar.aspx

≪問い合わせ≫

生活協同組合コープこうべ

次代コープこうべづくり推進部 高田(たかだ)

ck-way@kobe.coop.or.jp

・主催:生活協同組合コープこうべ

・共催:NPO法人ミラツク

・協力:神戸市企画調整局デザイン都市推進部

 

☆ゲストの紹介

高橋正道(たかはしまさみち)さん

富士ゼロックス株式会社 http://www.fujixerox.co.jp

高橋さん.jpg

1999年慶応義塾大学大学院政策メディア研究科修士課程了。同年富士ゼロックス株式会社に入社し、以来米ゼロックス創業者のビジョン「better understanding through better communications(人間社会のより良いコミュニケーションを通じて世界の相互理解に寄与する)」に関するコミュニケーション技術のR&Dに従事。社内コンサルティング部門とインフォーマル・コミュニケーションの経営効果に関するコンサルティング・メソッドの開発・展開。社内留学制度にて、2005年から2年間、MIT Center for Collective Intelligenceの客員研究員として、新規事業展開と集合的コミュニケーションの関係を定量/定性両側面から分析。2007年より富士ゼロックス株式会社に復帰後、集合知研究テーマを立ち上げた。地域社会と企業の新しい関係性構築による事業創出(Creating Shared Value、三方よし)に関するコミュニケーション技術の研究に従事。

本技術を震災後、岩手県遠野市での「みらい創り活動」を起点に社内外への普及に関する実践的研究を全国各地で推進中。情報処理学会、組織学会、ACM、Academy of Management、Society of Learning Organization各会員。

 

☆ファシリテーターの紹介

西村勇哉(にしむらゆうや)さん

NPO法人ミラツク代表理事 http://emerging-future.org/

西村さん.jpg  

大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得し、人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に2011年にNPO法人ミラツクを設立。Emerging Future we already have(既にある未来を手にする)をテーマに、社会企業家、企業、NPO、行政、大学など異なる立場の人たちが加わる、セクターを超えたソーシャルイノベーションのプラットホームづくりに取り組む。

ページの先頭へ