総代って?
コープ委員についてはこちら

総代の役割って?

「総代会」とは株式会社でいうところの株主総会にあたるもの。 組合員の代表である「総代」が集まって、生協の運営に関わる重要な事項を決定する、生協の最高意思決定機関です。

「総代会」では「総代」によって、コープこうべが昨年1年間に取り組んできたことが、ちゃんと組合員の意志に沿って行なわれたか、また次の年に行なおうとしている取り組みが、本当に組合員のくらしに貢献できることなのかどうかを判断し議決しています。

その他に、生協の組織としての決まりごとをまとめた「定款(ていかん)」や「規約」の改定や、役員の選挙も、この「総代会」で行なわれます。6月の「総代会」に至るまで、会議を開催し、総代同士や理事会とも、意見交換を重ねながら、総代会で確認する議案をまとめていきます。この「総代会」に提案された議案について、「賛成」「反対」の意思表示をすることができるのは、組合員の代表である「総代」だけです。

コープ委員 | 総代の役割って? | 総代会って?