コープこうべ 協同学苑
介護福祉士実務者研修 募集内容
介護福祉士実務者研修 日程
介護福祉士実務者研修 カリキュラム
介護福祉士実務者研修 修了認定
介護福祉士実務者研修 施設・設備
介護福祉士実務者研修 研修機関情報
介護福祉士実務者研修 実績・修了生の声
介護福祉士実務者研修 学則
トップ >> カリキュラム
介護福祉士実務者研修


科目 教育内容 到達目標
人間の尊重と自立

 (5時間)
人間の多面的な理解と尊厳
自立・自律の支援
人権と尊厳
尊厳の保持、自立・自律の支援、ノーマライゼーション、利用者のプライバシー保護、権利擁護など、介護の基本的な理念を理解している。
社会の理解

 
(5時間)
介護保険制度創設の背景と目的
介護保険制度の基礎的理解
介護保険制度における専門職の役割
介護保険制度の体系、目的、サービスの種類と内容、利用までの流れ、利用者負担、専門職の役割等を理解し、利用者等に助言できる。
社会の理解

 
(30時間)
生活と福祉
社会保障制度
障害者自立支援制度
介護実践にかかわる諸制度
家庭、地域、社会との関連から、生活と福祉をとらえることができる
社会保障制度の発達、体系、財源等についての基本的な知識を修得している
障害者自立支援制度の体系、目的、サービスの種類と内容、利用までの流れ、利用者負担、専門職の役割等を理解し、利用者等に助言できる。
成年後見制度、生活保護制度、保健医療サービス等、介護実践に関連する制度の概要を理解している。
介護の基本

 
(10時間)
介護福祉士の制度
尊厳の保持、自立に向けた介護の考え方と展開
介護福祉士の倫理
介護福祉制度の沿革、法的な定義・業務範囲・義務等を理解している。
個別ケア、ICF(国際生活機能分類)、リハビリテーション等の考え方を踏まえ、尊厳の保持、自立に向けた介護を展開するプロセス等を理解している。
介護福祉士の職業倫理、身体拘束禁止・虐待防止に関する法制度等を理解し、倫理を遵守している。
介護の基本

 
(20時間)
介護を必要とする人の生活の理解と支援
介護実践における連携
介護における安全の確保とリスクマネジメント
介護福祉士の安全
介護を必要とする高齢者や障害者等の生活を理解し、ニーズや支援の課題を把握することができる。
チームアプローチにかかわる職種や関係機関の役割、連携方法に関する知識を修得している。
リスクの分析と事故防止、感染管理等、介護における安全確保に関する知識を修得している。
介護福祉士の心身の健康管理や労働安全対策に関する知識を修得している。
コミュニケーション技術

 (20時間)
介護におけるコミュニケーション
介護におけるコミュニケーション技術
介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
介護におけるチームのコミュニケーション
利用者・家族とのコミュニケーション・相談援助の技術を修得している。
援助関係を構築し、ニーズや意欲を引き出すことができる。
利用者の感覚・運動・認知等の機能に応じたコミュニケーションの技法を選択し、活用できる。
状況や目的に応じた記録、報告、会議等での情報の共有化ができる。
生活支援技術

 (20時間)
生活支援とICF
居住環境の整備と福祉用具の活用
移動・移乗の介護技術の基本
食事の介護技術の基本
入浴・清潔保持の介護技術の基本
排泄の介護技術の基本
着脱、整容、口腔清潔の介護技術の基本
家事援助の基本
生活支援におけるICFの意義と枠組みを理解している。
ボディメカニクスを活用した介護の原則を理解し、実施できる。
居住環境の整備、福祉用具の活用等により、利用者の環境を整備する視点・留意点を理解している。
「移動・移乗」「食事」「入浴・清潔保持」「排泄」「着脱、整容、口腔清潔」「家事援助」のそれぞれについて、介護技術の基本を修得している。
生活支援技術

 (30時間)
移動・移乗の介護
食事の介護
入浴・清潔保持の介護
排泄の介護
着脱、整容、口腔清潔の介護
睡眠の介護
終末期の介護
「移動・移乗」「食事」「入浴・清潔保持」「排泄」「着脱、整容、口腔清潔」「睡眠」「終末期の介護」のそれぞれについて、利用者の心身の状態に合わせた介護、福祉用具等の活用、環境整備を行うことができる。
介護過程

 (20時間)
介護過程の意義と目的
介護過程の展開
介護過程とチームアプローチ
介護過程の目的、意義、展開等を理解している。
介護過程を踏まえ、目標に沿って計画的に介護を行う。
チームで介護過程を展開するための情報共有の方法、各職種の役割を理解している。
介護過程

 (25時間)
介護職による介護過程の進め方
介護過程の実践的展開
施設で暮らす高齢者の介護過程
在宅で暮らす高齢者の介護過程
情報収集、アセスメント、介護計画立案、実施、モニタリング、介護計画の見直しを行うことができる。
介護過程

(スクーリング・45時間)
利用者の特性に応じた介護過程の実践的展開
多様な事例を設定し、介護過程を展開させるとともに、知識・技術を総合的に活用した分析力・応用力を評価する。
介護技術の評価
介護技術の原理原則の修得・実践とともに、知識・技術を総合的に活用した判断力・応用力を評価する。

実務者研修過程で学んだ知識・技術を確実に修得し、活用できる。
知識・技術を総合的に活用し、利用者の心身の状況等に応じて介護過程を展開し、系統的な介護(アセスメント、介護計画立案、実施、モニタリング、介護計画の見直し等)を提供できる。
介護計画を踏まえ、安全確保・事故防止、家族との連携・支援、他職種、他機関との連携を行うことができる。
知識・技術を総合的に活用し、利用者の心身の状況等に応じた介護を行うことができる。
発達と老化の理解

 (10時間)
こころの変化と日常生活への影響
からだの変化と日常生活への影響
老化に伴う心理的な変化の特徴と日常生活への影響を理解している。
老化に伴う身体的機能の変化の特徴と、日常生活への影響を理解している。
発達と老化の理解

 (20時間)
人間の成長・発達
老年期の発達・成熟と心理
高齢者に多くみられる症状・疾病等
発達の定義、発達段階、発達課題について理解している。
老年期の発達課題、心理的な課題(老化、役割の変化、障害、喪失、経済的不安、うつ等)と支援の留意点について理解している。
高齢者に多い症状・疾病等と支援の留意点について理解している。
認知症の理解

 (10時間)
認知症ケアの理念と視点
認知症による生活障害、心理・行動の特徴
認知症の人とのかかわり・支援の基本
認知症ケアの取り組みの経過を踏まえ、今日的な認知症ケアの理念を理解している。
認知症による生活上の障害、心理・行動の特徴を理解している。
認知症の人やその家族に対するかかわり方の基本を理解している。
認知症の理解

 (20時間)
医学的側面から見た認知症の理解
認知症の人や家族への支援の実際
若年性認知症を含む、代表的な認知症の原因疾患、症状、障害、認知症の進行による変化、検査や治療等についての医学的知識を理解している。
認知症の人の生活歴、疾患、家族・社会関係、居住環境等についてアセスメントし、その状況に合わせた支援ができる。
地域におけるサポート体制を理解し、支援に活用できる。
障害の理解

 (10時間)
障害者福祉の理念
障害による生活障害、心理・行動の特徴
障害児・者や家族へのかかわり・支援の基本
障害の概念の変遷や障害者福祉の歴史を踏まえ、今日的な障害者福祉の理念を理解している。
障害(身体・知的・精神・発達障害・難病等)による生活上の障害、心理・行動の特徴を理解している。
障害児・者やその家族に対するかかわり・支援の基本を理解している。
障害の理解

 (20時間)
医学的側面から見た障害の理解
障害児・者への支援の実際
さまざまな障害の種類・原因・特性、障害に伴う機能の変化等についての医学的知識を修得している。
障害児・者の障害、家族・社会関係、居住環境等についてアセスメントし、その状況に合わせた支援ができる。
地域におけるサポート体制を理解し、支援に活用できる。
こころとからだのしくみ

 (20時間)
移動・移乗に関連するからだのしくみ
食事に関連するからだのしくみ
入浴・清潔保持に関連するからだのしくみ
排泄に関連するからだのしくみ
着脱、整容、口腔清潔に関連するからだのしくみ
睡眠に関連するからだのしくみ
介護に関連したからだの構造や機能に関する基本的な知識を修得している。
こころとからだのしくみ

 (60時間)
人間の心理
人体の構造と機能
移動・移乗における観察のポイント
食事における観察のポイント
入浴・清潔保持における観察のポイント
排泄における観察のポイント
着脱、整容、口腔清潔における観察のポイント
睡眠における観察のポイント
終末期における観察のポイント
介護におけるアセスメント・観察、介護、連携などの留意点
人間の基本的欲求に関する基礎的知識を修得している。
学習・記憶等に関する基本的な知識を修得している。
生命の維持・恒常、人体の部位、骨格・関節・筋肉・神経、ボディメカニクス等、人体の構造と機能についての基本的な知識を修得している。
介護に関係したからだのしくみ、心理・認知機能等についての知識を活用し、アセスメント、観察、介護、他職種との連携が行える。
医療的ケア

(50時間+実習)
医療的ケア実施の基礎
喀痰吸引
経管栄養
医療的ケアの演習
医療的ケアを安全、適切に実施するために必要な知識・技術を修得する。
感染予防、安全管理体制等についての基礎的知識について理解している。
喀痰吸引のケアの実施の流れ(準備から実施、報告、記録まで)について、評価表に基づき、口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部をそれぞれ5回以上行い、評価を得る。
経管栄養のケア実施の流れ(準備から実施、報告・記録まで)について、評価表に基づき、胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養、経鼻経管栄養をそれぞれ5回以上行い、評価を得る。
救急蘇生法について、心肺蘇生の流れを1回以上行う。

Copyright (C) The Consumer Co-operative Kobe Kyodo-Gakuen, All Rights Reserved.
コープこうべ 協同学苑