お知らせ

メニュー

2017.10.26

「協同シンポジウム2017inひょうご」開催のお知らせ

子どもの貧困や孤独死、引きこもりや若年無業者の増加、高齢者やシングルマザーの孤立など、地域社会は無縁社会、格差社会の問題に直面しています。 そうした中、「一人は万人のために、万人は一人のために。」で始まった「助け合い精神」を基盤とする協同組合の活動は、多様な社会的課題の解決が必要とされる地域社会において、ますます担い手として期待されています。
あらためて協同組合の原点を振り返るとともに、今後、期待される役割、協同セクターや労働団体、NPO等の活動を共有し、連携について考えます。

「協同シンポジウム2017inひょうご」について
多様な助け合いの力が社会を変える
~協同組合の強みを生かした社会的課題の解決に向けて~
■とき:11月25日(土)13時半~16時半(13時受付開始)
■ところ:兵庫県農業会館11階大ホール(神戸市中央区海岸通1番地)
■内容
(1)基調講演
浅田克己さん(日本生活協同組合連合会・顧問)
「生協運動の原点と現在、未来~共生社会づくりに向けて期待される『総合力』とは~」
(2)講演
高橋 均さん(労働者中央協議会・アドバイザー)
「労福協の活動とめざす社会」
(3)鼎談
「多様な助け合いの力が社会を変える~協同組合の強みを活かした社会課題の解決に向けて~」
登壇者:浅田克己さん、高橋 均さん
聞き手:浦田和久(近畿労働金庫 地域共生推進室・室長)
■定員:300人
■申し込み
電子メールの場合:所属、名前、ふりがな、電話番号を記入のうえ下記のアドレスへ
FAXの場合:シンポジウムの案内書にある「お申し込み票」欄に必要事項をご記入のうえ下記のFAX番号へ
Email:hyogo@kobe.coop.or.jp
FAX:078-392-2059
シンポジウムの案内書はこちらから(pdf)

■問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会
電話:078-391-8634(月~金 9時~17時)

ページの先頭へ