コープこうべ商品検査センター
コープこうべ > 商品検査センター > 商品Q&A > 菓子・漬物・乾物・冷凍食品
商品Q&A お申し出対応
商品Q&A
1..「べったら漬の切り口が青緑色」
Q べったら漬を切ったら真中の部分を中心に青緑色になっていました。
Aこの大根は青あざ症と呼ばれる生理障害を起こしていたものと思われます。青あざ症とは大根の中心部分(水分、栄養分を吸 収する組織)が黒色、青緑色に変色して組織が硬くなる大根の生理障害の一つです。
一般的に青あざ症は乾燥・高温、過湿、ホウ素欠乏などが発生要因として推測されています。
大根の栽培後半の平均気温が25℃以上の気象状況下で特に発生しやすく、育成中の8月は高温、多雨が発生するため、影響を受けたものと考えられます。
原料の中心部に発生した青あざ症は外見からは全く判別ができないため、除去するのが困難なのが現状です。
なお、青あざ症にかかったべったら漬を召し上がられても健康に害はありませんが、苦いなど食味はよくありません。
 
 

 
商品Q&A(菓子・漬物・乾物・冷凍食品)のトップページへ
コープこうべ 商品検査センター コープこうべ コープこうべトップへ