地域との連携

各地域の行政や諸団体と連携してくらしの問題を解決し、住みやすい地域づくりに貢献する活動に取り組んでいます。

さまざまな取り組み

高齢者見守り活動

各地域の行政と高齢者見守りに関する協定を結び、ネットワークづくりを進めています。宅配担当の職員が配達先で組合員の異常に気づいた場合に、行政の窓口に連絡して高齢者のくらしを守ります。

高齢者見守りに関する協定一覧へ

マイバッグ運動

コープこうべで買い物袋持参の取り組みが始まったのは1978 年です。レジ袋の削減は地球温暖化防止への「はじめの一歩」。お買い物はマイバッグがあたりまえの風景になる社会づくりをめざします。

地産地消の取り組み

地元産の生鮮食品を大切にしたいという組合員の声を受けて、オリジナルブランド「ひょうご発」を開発しました。また、兵庫県漁連と協働で「ひょうご地魚推進プロジェクト」をすすめ、地魚のおいしい食べ方などをお伝えしています。

里山の保全活動

兵庫県の「企業の森づくり制度」の第1 号として、西宮市にある社家郷山(しゃけごうやま)の森林整備を行っています。プロの力を借りながら、組合員や職員が整備活動をすすめながら、くらしと環境について学んでいます。

ボランティア活動の支援

阪神・淡路大震災を機に設立した(公財)コープともしびボランティア振興財団。生協の枠にとらわれず、兵庫県内で活動するボランティアの助成や支援、人材育成を行っています。

地域とのつながり

組合員(地域住民)、生協、地域諸団体の連携と協働による、支え合い・助け合いのまちづくりの取り組みが広がっています。

地域とのつながりマップへ(PDF)

行政や社会福祉協議会などと結んだ協定を見る

ページの先頭へ